FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問42

問42

贈与契約に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 定期贈与契約は、契約期間の満了前に受贈者が死亡することによってその効力を失うが、贈与者が死亡したときは、その贈与者の相続人が引き続き契約期間満了まで贈与をしなければならない。
  2. 死因贈与契約は、遺贈に関する規定が準用され、贈与者の一方的な意思表示により成立する。
  3. 負担付贈与契約とは、受贈者に一定の負担を課す贈与であり、その受贈者の負担から利益を受ける者は贈与者に限られる。
  4. 負担付贈与契約は、双務契約に関する規定が準用され、受贈者が負担を履行しない場合には、贈与者は負担付贈与契約を解除することができる。

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。