FP1級過去問題 2022年9月学科試験 問42

問42

贈与に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 定期贈与とは、定期の給付を目的とする贈与であり、贈与税額の計算上、定期金に関する権利の価額が贈与税の課税価格となる。
  2. 負担付贈与とは、受贈者に一定の給付をなすべき義務を負わせる贈与であり、その受贈者の負担から利益を受ける者は贈与者に限られる。
  3. 負担付贈与における贈与者は、その負担の限度において売主と同じく担保の責任を負い、その性質に反しない限り双務契約に関する民法の規定が準用される。
  4. 死因贈与とは、贈与者の死亡によってその効力を生じる贈与であり、その性質に反しない限り遺贈に関する民法の規定が準用される。

正解 2

問題難易度
肢17.9%
肢275.9%
肢39.7%
肢46.5%

解説

この問題に対する解説はまだありません。