FP1級過去問題 2024年1月学科試験 問42

問42

贈与に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 死因贈与は、遺贈に関する規定が準用されるため、全文、日付、氏名を自書し、押印した書面によって契約しなければならない。
  2. 遺言の内容と死因贈与の内容に矛盾する部分がある場合、遺贈が遺言による一方的な意思表示であるのに対し、死因贈与は贈与者と受贈者との合意によってなされる契約であるため、矛盾する部分は常に死因贈与の内容が優先される。
  3. 負担付贈与とは、受贈者に一定の給付をなすべき義務を負わせる贈与であり、その受贈者の負担から利益を受ける者は贈与者に限られる。
  4. 書面によらない贈与は、贈与者または受贈者が一方的に解除することができるが、履行が終了した部分については解除することはできない。

正解 4

問題難易度
肢17.9%
肢29.7%
肢310.3%
肢472.1%

解説

この問題に対する解説はまだありません。