FP1級過去問題 2019年1月学科試験 問36

問36

建築基準法における「日影による中高層の建築物の高さの制限」(以下、「日影規制」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 日影規制の対象区域内にある同一の敷地内に2以上の建築物がある場合においては、これらの建築物を1つの建築物とみなして日影規制が適用される。
  2. 第一種中高層住居専用地域および第二種中高層住居専用地域内において日影規制が適用される建築物については、北側の隣地の日照を確保するための建築物の各部分の高さの制限(北側斜線制限)は適用されない。
  3. 日影規制の対象となる建築物であっても、一定の採光、通風等が確保されるものとして天空率に適合する建築物については、日影規制は適用されない。
  4. 日影規制の対象区域外にある高さが10mを超える建築物で、冬至日において、日影規制の対象区域内の土地に日影を生じさせるものは、当該対象区域内にある建築物とみなして日影規制が適用される。

正解 3

解説

  1. 適切。日影規制の対象区域内に同一敷地内に2以上の建築物がある場合は、これらの建築物を1つの建築物とみなして全体として日影規制が適用されます。
  2. 適切。第一種中高層住居専用地域および第二種中高層住居専用地域内において、原則、北側斜線制限の適用を受けますが、日影規制が適用される建築物については、北側斜線制限は適用されません。
  3. [不適切]。天空率に適合する建築物の規制緩和の対象は、道路斜線制限・隣地斜線制限・北側斜線制限の3つの斜線制限が適用になり、日影規制は適用の対象とはなりません。
  4. 適切。日影規制の対象区域外にある高さ10mを超える建築物が、基準となる冬至日において、日影規制の対象区域内の土地に日影を生じさせている場合は、当該対象区域内にある建築物とみなされ日影規制が適用されます。
したがって不適切な記述は[3]です。